ボディピアスでキメる
CONTENT MENU

『ボディピアス あけ方』 最新ツイート

ボディピアスと開け方について

ボディピアス

ピアスと言えば耳たぶに装着するのが定番ですが、現在では顔や眉毛、舌、へそなどの様々な場所に装着するボディピアスも人気となっています。
耳たぶに装着するのはファッションピアスと呼ばれ、その他の場所に装着するのはボディピアスに分類されます。
また、前者の場合は用が済んだら外してしまうのが殆どですが、後者の場合は長時間つけっ放しにすることが多いという特徴があります。
ホールの開け方ですが、ファッションピアスのホールを開ける時と同じく、自分でピアッサーと呼ばれる道具を使って開けることができます。
しかしながらボディピアスの場合は大きめの穴を開ける必要があったり、場所によっては危険を伴ってしまうこともあります。
ですからホールを開ける際には熟練した人間によって作業をしてもらうのが理想です。
そしてよく利用されているのが所謂ピアススタジオです。
こうしたお店では穴を開けてくれますし、専門店ですので色々と相談してみることができます。
ただし、こういったお店はグレーな存在でもあります。
人の体に開けるという作業は医療行為に当たりますし、当然ピアススタジオでは医療資格も持っていません。
ですから安全の為にも病院で開けるようにした方が安心とも言えます。

へそピアスなどのボディピアスとは

へそピアスをはじめ、口や眉、鼻、舌、耳軟骨など体の好きな部分にピアスの穴をあけることをボディピアスと言います。
耳たぶにピアスの穴をあけるのは専用のキットなどで自分でも行えますが、ボディピアスはカーブや穴の深さや距離など細かな調整が必要であるためクリニックなどで医療用の針を使って穴をあけます。
自分で開けることができる器具も販売されてはいますが、自分で開けると穴の方向がずれてしまったり炎症を起こしやすいなどトラブルが起こりやすいので、クリニックなどの医療機関で施術を受けるようにすることがトラブルを防ぐことにもつながります。
耳軟骨などは耳であるため、耳たぶピアスと同じように考えられやすいのですが、耳軟骨ピアスはへそピアスなどと同じようにボディピアスの部類で局部麻酔を行って医療用の針で穴をあけます。
ボディピアスは耳たぶピアスよりも穴の状態が安定するまでに時間がかかるので、3か月から半年程度はファーストピアスをつけたままの状態にしておきます。
このとき使うファーストピアスはあけた穴が収縮することを考慮して通常のピアスの2倍ほどの大きさのもので、金属アレルギーが起こりにくい24金やチタン、医療用ステンレスなどの素材のものを使います。
穴が安定すると個性的なおしゃれを楽しむことができるようになります。

Favorite

名古屋 キャバクラ
http://www.club-runway.jp/

デートクラブ

西中島のセクキャバ求人を見る
http://www.berrytime-job.com/

千葉にあるラブホ

大阪の風俗
http://www.love-y.net/

大阪 ホテヘル

2016/11/24 更新

Copyright (c) 2015 ボディピアスでキメる. All Rights Reserved.